高砂香料グループは、温室効果ガス(GHG)削減目標において、国際的な指標の1つとされる「Science Based Targets(SBT) イニシアチブ」の認定を取得しました

SBT-1.png

高砂香料グループは、策定した温室効果ガス(以下、GHG※1)の削減目標について、国際的な指標の1つとされる「Science Based Targets(以下、SBT) イニシアチブ2」の認定を取得しました。今回認定されたGHG削減目標は、以下となります。

 

 

・2030年度までに2019年度比でグループ全体のScope1※3とScope2※4の合計を27.5%削減する。

・2030年度までに2019年度比でグループ全体のScope3※5を13.5%削減する。

 

 

20214月よりスタートした当社グループのCSR中長期計画であるSustainability2030においても同目標が設定されております。この削減目標の達成に向けて、より一層のエネルギーの効率的利用や再生可能エネルギーの導入、原材料などの調達先との協働により排出削減に努めるなど、カーボンニュートラル社会へ貢献してまいります。

 

 

1.GreenHouse Gasの略

2. 科学的根拠に基づいた温室効果ガス排出削減目標(SBT)の設定を企業に働きかけている団体で、現在日本でも93(20213月時点)が認定を取得しています。

3.主に自社で化石燃料を消費し、その時に排出されるGHG排出量

4.主に自社で使用するエネルギーを製造するため、自社の敷地外で排出されるGHG排出量

5.製品の調達段階から、物流、販売、消費など、サプライチェーン全般において排出されるGHG排出量

 

フォームよりお問い合わせください。 サステナビリティに関するお問い合わせ