サステナビリティ基本方針

高砂香料グループは、Vision2040「人にやさしく、環境にやさしく」に則り、多様な価値観を尊重し、自然との共生を目指します。公正かつ透明な企業活動を通じて、社会課題の解決に積極的に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献します。

これまでの歩み

当社は2002年に環境宣言を公表し、事業活動を通じて環境課題への取り組みを続けております。グループCSR中長期計画「EHS100プラン」を2009年から始動させ、活動の目標や達成度の評価を環境報告書の中で報告してきました。GP-2より人権、ダイバーシティなど社会面での取り組みへもスコープを拡大しております。GP-3では、グローバルでのサステナビリティ推進体制を構築し、2021年より開始したNGP-1ではサステナビリティ推進強化を掲げています。

「EHS100プラン」の詳細はこちら

画像
サステナブルな社会の実現

推進体制

グループ全体でビジョン、行動指針を共有し、活動を積極的に推進させるために発足したのが「高砂香料グループ   サステナビリティチーム」です。EHS、人事、品質保証、研究開発、生産・調達・物流の5つの機能を主としたチーム編成となっており、それぞれの機能が拠点横断的なグローバルの協力体制を取っています。同チームの発足以来、定期的に本社では「サステナビリティ推進会議」を開催し、各部門から集まった代表者間でサステナビリティ関連課題の議論やそれぞれの活動計画の進捗共有等を行っています。

グループサステナビリティ中長期計画「EHS100プラン」は2020年度に最終年度を迎えました。2021年度からは新サステナビリティ中長期計画「Sustainability  2030」が始動し、今後はこの計画を基盤にグローバルで社会的な課題に取り組んでいきます。

高砂香料グループサステナビリティチーム

画像
サステナビリティチーム