高砂香料グループは、コーポレート・ガバナンスおよびコンプライアンス体制の強化などを通じて透明性の高い誠実なサステナビリティ経営をめざしています。

担当役員メッセージ

Takasago Global Planの最終フェーズOne-Tが終了し、2021年4月からVision 2040最初の3カ年であるNGP-1がスタートしました。

Vision 2040「人にやさしく、環境にやさしく」を指針に、引き続きサステナビリティ推進に注力したいと思います。

画像
担当役員メッセージ

ビジョン、歩み、推進体制

高砂香料グループは、地球環境に配慮し、社会に信頼される企業をめざして、未来を見据えた事業活動の推進を通じてより良い社会づくりに貢献していきます。

画像
ビジョン、歩み、推進体制

マテリアリティ

社会からの要請が多種多様化する中、当社は、マテリアリティ※の特定を行い、特定された項目を中心に取り組みを行うことで、全社的に長期的な視点に立ち、社会課題の解決に向け日々注力しています。

画像
マテリアリティ

Sustainability2030(サステナビリティ中長期活動計画)

2021年4月よりSustainability2030をスタートいたします。Sustainability2030はマテリアリティを達成していくための中長期計画で、2030年までを3ヵ年ごと3期に区分しております。将来においても安定的かつ持続的な成長ができるよう計画に沿って一つひとつ丁寧に課題を解決していきたいと考えています。

画像
sustainability_03