西洋ゾーン | Western Zone 20世紀 香水瓶類 | その他

香水瓶<仮面>“Mascarade”

TM056

  • 香水瓶<仮面>
フランス ピヴェール社 1928年 H5.3cm
アルルカンの横長の鍔の帽子を栓に、コスチュームのダイヤ柄が香水瓶のデザインに使われている。ラベルと化粧箱は、男と女の仮面の絵がモチーフになっている。

香水瓶<?>

TM085

  • 香水瓶<?>
フランス フラゴナール社 1946年 H10.7cm
クェスチョン・マーク“?”を香水のタイトルに付けたフラゴナール社の香水。瓶は洋梨形で、逆にすると?形。瓶の気泡状斑文は型文様。

香水瓶<金色のリボン>“Coque d'or”

TM130

  • 香水瓶<金色のリボン>“Coque d'or”
バカラ社製 フランス ゲラン社 1938年 H5.5cm
“Coque d'or(金色のリボン)”は、大変な人気を博した香水で、ボトルは6種類の大きさがあり、小さい方の3種には金色のメッキが施され、大きい方の3種はコバルト・ブルーの素地のまま。

ペチコート形香水瓶

TM156

  • ペチコート形香水瓶
スペイン 1920年頃 H23.5cm
ラベルが消失して不明であるが、スペインの香水会社のペチコート形香水瓶。

香水瓶<ダルクローズ>“Dalcrose”

TM160

  • 香水瓶<ダルクローズ>“Dalcrose”
イギリス デュバリー社 1916年 H12.5cm
ヴェールをかけた裸体の乙女を栓に作り、そのヴェールが瓶の形を作っている。すべてメッキされた黄金色。極めて精巧に作られており、高価な香水であったことが推測される。

香水瓶<南仏のジャスミン>

TM163

  • 香水瓶<南仏のジャスミン>“Jasmine of Southem France”
アメリカ 1930年頃 H8.2cm
ロリー社の手造りの宙吹き成形による手付きデカンター形の美しい香水瓶。この種の香水瓶は大きさや形を揃えて作ることが困難なため、限定製作されたものと考えられる。

幾何学イオン交換彩化粧セット

TM187

  • 幾何学イオン交換彩化粧セット
オーストリア 1930年頃 左から H13.7cm H19cm H13.3cm
銅赤イオン交換の幾何学パターンを使った作品。カール・パルダはこの銅赤イオン交換による一連の作品を1920年代後半から30年代前半にかけて製作したことで知られている。