西洋ゾーン | Western Zone 18世紀 香水瓶類 | その他

ペンダント形エナメル香水瓶

1054

  • ペンダント形エナメル香水瓶
イギリス 18世紀 H3.8cm
正面から見ると一人の顔に見え、左右別々の方向から見るとそれぞれ違う人物に見えるというおもしろいデザイン。18世紀のエナメルの名産地、スタッフォードシャーで作られた作品。

カット角形香水瓶

TM027

  • カット角形香水瓶
イギリス 1840年頃 H11.5cm
18~19世紀は、イギリスのカット.ガラスの全盛期であった。この角形香水瓶は、古代イギリスのアングロ・サクソン・グラス(5~7世紀)時代によく作られた角形杯のイメージをとどめた器形である。

花鳥文香水瓶ケース

TM035

  • 花鳥文香水瓶ケース
ドイツ 1780年頃 H13cm
ドイツの王立磁気窯で作られた香水瓶ケース。当時の磁気の流行意匠であった窓枠の中に花鳥文様を描き、地紋を唐草文様等で埋め尽くすロココ磁器の様式で作られている。この中に、ガラス製の細長い香水瓶が納められていた。

アルルカン像香水瓶

1070

  • アルルカン像香水瓶
チェルシー イングランド 1775年 H5cm
三角形模様のカラフルな服を着て黒いマスクをつけた道化師。頭部が栓になっている。チェルシー窯では磁器香水瓶に最も力を注いだ。