従業員の心身の健康管理・増進のため、さまざまな活動を行っています。

健康宣言

高砂香料工業は「香りを原点とする革新的な技術を通して、新しい価値を創造し続ける」を企業理念に掲げております。 この企業理念を実現するためには、社員が心身ともに健康で幸せであることが必要不可欠です。私たちは、社員一人ひとりを大切にし、いきいきと働くことができる職場環境づくりに努め、香りを通して人々の心豊かな暮らしと健康を支えることを宣言いたします。

高砂香料工業株式会社 代表取締役社長 桝村聡

 

画像
健康宣言推進組織3.PNG

■健康管理の促進(定期健康診断等について)

社員がみずから健康管理を行い、健康意識を高く維持できるよう、35歳以上の社員全員の人間ドックを隔年で会社負担受診できるようにするなど、積極的な受診を推進しています。 さらに、人間ドック以外でも、法定項目に加え、腎機能検査、便潜血も追加項目にしており、また、胃がん検診、婦人科検診のオプションの追加も可能としています。 その他、インフルエンザワクチン接種についても費用の一部を助成しています。

■労働時間の適正化

過重労働による健康障害防止措置として、月間の法定外労働時間(本社の場合は25時間および45時間)を超えた場合、対象者全員に産業医が面談や助言を行い、社員の健康維持および職場の労働環境改善につなげています。(当社の平均残業時間は9.2時間/月です。)

■メンタルヘルスケアの取り組み(ストレスチェック)

全従業員を対象とした法定のストレスチェック制度は2015年で6年目を迎え、そのチェック結果は積極的にメンタルヘルスケアに活用されてきています。 回答結果から高ストレスと判断される方には、産業医や保健師・看護師等産健スタッフが速やかにフォローを実施しています。 組織に対しては、ストレスチェックの集団分析を踏まえた報告会を事業所単位で実施し、次年度への改善等に繋げる運用をしています。

■研修の実施

全従業員を対象とした「セルフケア研修」では、自身の考え方の傾向を知るとともに、生産性向上やメンタルヘルスに効果を発揮している事例を学びました。また、管理職を対象にした「ラインケア研修」「ハラスメント防止研修」では、メンタル不調やハラスメントを未然に防止する方法や、部下から相談を受けた場合の適切な対応について学んでいます。

■部活動・高砂杯の開催

社内にはさまざまな部活動があり、多くの従業員が参加をしています。毎年開催されるスポーツ大会「高砂杯」では、バレーボールやバスケットボール、野球やフットサルを通じて、従業員同士が交流を深める機会にもなっています。

■2020年度の実績

定期健康診断受診率 99.83%
ストレスチェック受検率 93.4%