画像
高砂香料西日本工場株式会社
事務棟及び製造棟

高砂香料西日本工場株式会社は、高砂香料工業株式会社の食品向け液体調合香料の主力生産関連会社として2013(平成25)年広島県三原市に設立されました。

当社は、東日本大震災を教訓とし、地震、台風などの自然災害が歴史的に少なく、なおかつ陸路、空路の交通アクセスに優れ、非常時にも首都圏への利便性を確保できる場所に建設された高砂香料グループの国内最新の生産拠点となります。
そして、製造棟と各種倉庫は、自然災害への対策だけでなく、危険物製造所、危険物倉庫が抱える火災リスクへの対策も含めて設計することで、十分な安全性を追求しました。
また、製造から配送プロセスまでの高い効率性を追求した生産拠点となることもめざし設計しています。

高砂香料西日本工場株式会社は、今後も高砂香料グループの食品向け香料製造の中核を担い、お客様に安全・安心な製品を安定的にお届けし、香りを通して社会に貢献してまいります。

 

企業概要

社名

高砂香料西日本工場株式会社
(英文表記:TAKASAGO WEST JAPAN CO., LTD.)

 https://www.takasagowestjapan.co.jp/

本社

〒729-0474 広島県三原市沼田西町惣定247-94
TEL 0848-60-6111 FAX 0848-60-6122

設立

2013(平成25)年7月16日

代表者

代表取締役社長 川村 秀樹

資本金

1,000万円(高砂香料工業株式会社100%出資)

従業員数

151名(2022(令和4)年4月1日)

事業内容

食品香料、食品素材等の受託生産