ダイバーシティ・インクルージョン

全ての従業員に各自の能力や経験を生かす機会が公平に与えられ、皆がいきいきと働くことによってグループの長期的な発展を目指します。多様性を尊重し誰もが自分らしさを発揮することで、新しい価値の創造につながると認識し多様性の推進を図ります。

2022年11月には、グループで共通のダイバーシティ・インクルージョンポリシー(英:Diversity, Equity and Inclusion Policy)を策定し、社内への浸透を促しています。また、各国により事情も異なるため拠点別での3カ年推進計画を作成し採用時の取り組みや研修実施などといった具体的な施策を進めています。 2023年度は、LGBTを含むダイバーシティ・インクルージョンについて、従業員向けeラーニングを実施しました。

 

    画像
    女性管理職

    女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

    計画期間:2020年4月1日~2025年3月31日(5年間)

    数値目標:管理職に占める女性割合を2025年3月末までに16%以上とする。

    取組内容:(職業生活に関する機会の提供に関する目標)

    • 管理職を対象にしているダイバーシティマネジメント研修の内容を見直し、研修を実施する。
    • 主任級を対象にした研修において、管理職に向けての意識改革を目的としたキャリア支援研修の内容を見直し実施する。

     

    グローバル人材採用への取り組み

    グローバルに活躍できる人材育成の一環として、外国人の採用にも積極的に取り組んでいます。

    海外の大学に在籍、卒業後は日本での就職を希望する学生や、中途採用として日本での就職を希望する外国人に対して、会社説明会や採用面接会を通じて積極的に採用活動を行いました。2022年度には2名の外国人が入社、現在では6の国籍の方が高砂香料で働いています。

    外国人の採用に際しては、多様な発想や知識などそれぞれの強みを生かし、新しい価値を生み出すことに期待しています。

     

    定年再雇用制度

    定年を迎えた60歳以上の従業員には、今まで培ってきた経験や能力を発揮できる再雇用制度を設けています。過去3年(2020年9月~2023年3月)の再雇用希望率は90%、希望者につきましては100%再雇用を行っています。また、定年前の従業員を対象に「ライフプランセミナー」を開催、定年後の生活設計について支援を行っています。

    さらに退職後には、OB・OG会である「高友会」に加入が可能、懇親会の際には社長からのメッセージや役員の参加もあり、高砂ファミリーとして定期的な懇親の場が設けられています。

     

    障がい者雇用の促進

    障がいのある方の採用活動を積極的に行うとともに、能力や適性を最大限に発揮し活躍できる環境と、定着を図る雇用制度を進めています。引き続き、障がいのある従業員にとって働きやすい職場の充実を通じて社会的責任を遂行していきます。

    画像
    障害者雇用