気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言への賛同表明

高砂香料工業株式会社は、2019年11月、「気候関連財務情報開示タスクフォース(以下「TCFD」)」の提言への賛同を表明致しました。 異常気象等の気候変動は、既に私たちの暮らしだけでなく、企業のビジネス活動に対しても様々な影響が出ています。 高砂香料グループは、2017年から特定しているCSR課題「マテリアリティ」にて気候変動を重要な課題の一つと捉えており、問題解決と情報開示に努めてまいりました。 今後は、TCFDの提言に基づき情報開示を拡充することで、より一層、持続可能な社会の実現に貢献して参ります。

 

【TCFDの概要】

TCFD

TCFD(Taskforce on Climate-related Financial Disclosure)とは各国の中央銀行総裁および財務大臣からなる金融安定理事会(FSB)の作業部会になります。 投資家等が適切に判断するため、一貫性、比較可能性、信頼性、明確性をもつ、効率的な気候関連財務情報開示を企業へ促すことを目的とし、2017年に自主的な情報開示のあり方に関する提言を公表しています。 TCFDは、企業に対して、複数の気候関連シナリオを用いて自社における気候関連リスク及び機会を評価し、経営戦略・リスク管理に反映させ、財務上の影響を把握、開示することを提言しています。 TCFDに関する詳細はウェブサイトをご覧ください。

フォームよりお問い合わせください。 サステナビリティに関するお問い合わせ