科学技術館「マジカル・ケミカル研究室」に協力しました

2016年8月6日から28日まで、科学技術館において、夏休み特別展「マジカル・ケミカル研究室」が開催され、このイベントに展示協力を行いました。

 

弊社取締役でもある野依先生の業績にちなんで、キラル化学に関した展示がなされ、メントールのd -体とl -体、Ru-BINAP触媒、ノーベル化学賞で授与された賞状が展示されました。

 

におい物質の分子模型を使いメントールのd -体とl -体という構造の違いを説明し、実際に香りをかいでにおいの質に関係していることを感じてもらいました。また、身近な食べものの香りの成り立ちを体験できる「香りの足し算」の展示では、果物やスパイスの香りが身近な清涼飲料水などの香りにも関係していることを体験していただきました。

 

毎日実験ショーが開催され、野依館長と直接お話できるスペシャルワークショップも行われました。各日約1,000人の来場者に楽しんでいただけたうえに、香料の化学の世界を親子で身近に感じてもらえるよい機会となりました。

160806.jpg
ワークショップで説明をする野依館長