安全・安心、豊かな品質をお届けするために

グローバルポリシー

高砂香料グループは、お客様の製品品質と安全に対するニーズやご要望にお応えするために、価値あるパートナーとしてお客様とともに歩み続けることをお約束します。


株式分布図

品質保証体制

高砂香料グループ品質保証部門の使命は、政府機関、顧客、また業界団体により定められた法規制および安全基準に準拠した、安全・安心かつ信頼性の高いフレグランス、フレーバー、アロマイングリディエンツ、ファインケミカル製品を提供し続けることです。

品質保証部門は独立した組織であり、「高砂香料グループ品質保証理念」のもと、各国の品質保証部門がひとつになったOne 品質保証体制を構築しています。この体制には、本社機能としてグローバルQC センターおよびグローバル安全性法規制センターを配置し、各国の品質保証部門と密接に連携を取っています。また、コーポレートSOPと各種ガイドラインの作成を行い、グループ全社で標準化された業務フローに基づき適切な形で品質保証活動を行っていることを確認しています。

このようにして、当社グループは世界中のすべてのお客様に、ご満足いただける品質を提供できるよう体制を整備しています。

QC ポリシーおよびガイドライン

コーポレートQC ポリシーは、企業理念、経営基本方針、企業憲章を踏まえ策定されています。 グローバルで一貫した品質理念のもと、お客様の期待にお応えできる仕組みを構築しています。

すべての事業部門およびすべての地域の品質管理部門において詳細な品質管理手順を標準化するために、コーポレートQC ポリシーに沿ってコーポレートQC-SOP を作成しています。また、より詳細に書かれた各種ガイドラインは、各国の品質管理手順および運用にも組み込まれ、グローバルで統一した品質管理を行っています。

Corporate QC Policy

  • 1.
    法的要求事項の遵守
  • 2.
    確かな品質保証とお客様との情報共有
  • 3.
    原料、製造工程、製品の徹底管理と、検証と見直し
  • 4.
    独立した品質保証体制
国際会議

お客様や市場のニーズに合った安全・安心な品質を提供していくために、定期的に品質保証部門の国際会議を開催し、最新の法規制への対応やポリシーおよびガイドラインの更新について協議しています。また、共通する課題や懸案事項を議論し、解決に向けた取り組みの実施や水平展開を図っています。この会議を通じ、全世界のすべてのお客様に同じレベルの品質とサービスが提供できるよう継続的に改善しています。

専門技能トレーニング

品質とサービスをより良いものに改善し維持していくために、グローバルQC センターが国内外すべての品質管理部門に対し、官能評価や分析技術などに関するさまざまなトレーニングを実施しています。トレーニングの結果は各拠点の責任者へ迅速に共有されると同時に、必要に応じて課題設定が行われる仕組みになっています。今後も専門技能トレーニングをさらに充実させ、品質管理部門の技能向上に向け継続的改善を図ってまいります。

コンプライアンス

最新の規制・法令を遵守することをコーポレートQC ポリシーに掲げています。グローバル安全性法規制センターは、法規制、顧客要求、またFEMA、IFRA、RIFM、IOFI など業界団体からの基準およびガイドラインの改定に対応するため、継続的に情報収集を行っています。製品が安全・安心かつ信頼されるよう、グローバルでのタイムリーな情報共有を通じてコンプライアンス対応を図っています。

品質監査

品質管理体制をさらに強化するため、グローバルQCセンターは定期的に国内外の製造拠点に対し実地で品質監査を実施し、状況の確認を行っています。監査実施後は、各拠点から報告される月次報告書を通じ、是正処置および予防処置が計画通りに履行されていることを確認し、必要に応じて指導を行っています。

顧客の安全衛生

4つの事業(フレグランス、フレーバー、アロマイングリデエンツ、ファインケミカル)の柱を横断しながら幅広い製品の開発、製造を行っております。 開発及び製造の過程に欠くことのできないものとして、高砂は継続的に全ての製品において顧客の安全・衛生のコンプライアンス向上のため評価を行っております。このアプローチは研究開発の段階から製品の製造を行う段階まで適用されます。

マーケティングとラベル

フレグランス、フレーバー、アロマイングリデエンツ、ファインケミカルの開発・製造を行っています。高砂の販路はすべてB to Bを通じてとなり、直接一般消費者の手元に届くことはございません。フレグランス及びフレーバー製品は一般に販売される消費者製品の原料となります。 アロマイングリデエンツ製品はフレーバー及びフレグランス製品の開発・製造に用いられるために香料会社に販売されます。
ファインケミカル製品は、医薬中間体や電子材料中間体として使用されています。 私たちが製品を供給するとき、規制やお客様の要望に応じた製品情報を提供しております。製品情報とは以下のような情報となります。

  • 原材料情報
  • 製品構成
  • 安全データシート(環境影響の可能性がある成分を明示)
  • 安全に使用取り扱いいただくための情報

国際標準規格の活用

当社グループは求められた品質を製造し提供できるよう、ニーズに合わせてISO 9001、FSSC 22000/ ISO22000、GFSI など、国際的な品質・食品安全の管理運用のための認証取得を進めています。国内外のグループ会社を含む全社的な取り組みであり、国際規格の適切な運用は、グローバルで標準化を推進すると同時に、品質とサービスの向上にも役立てられています。

国内
  • 品質マネジメントシステムISO9001
    本社関連部署及び国内製造3拠点での統合認証取得
  • 食品安全マネジメントシステムFSSC22000/ISO22000
    フレーバー関連8工場及び3事業所にてグループ認証/単独認証取得
  • 試験所認定ISO/IEC17025
    分析研究所第一部において取得し、試験検査レベル標準化を推進

海外
  • 品質マネジメントシステムISO9001
    アジア・欧州の10拠点で認証取得
  • 食品安全マネジメントシステムFSSC22000/ISO22000及び他のGFSIスキーム
    全フレーバー生産8拠点において食品安全マネジメントシステム認証取得

グローバル
  • 環境マネジメントシステムISO14001
    国内外の生産19拠点と本社EHS室においてグローバル統合認証取得

(取得事業所数は2018年3月時点のものです)