東洋ゾーン | Orient Zone 日本 | らんびき

らんびき(蒸留器)

186

  • らんびき(蒸留器)
江戸後期 H33cm
蘭引はポルトガル語の"アランビク"から転化したものである。17世紀の初め頃、堺の岡村瑞碩がオランダ人から水蒸気蒸留法(ランビキ法)による丁子油(クローブ油)の製法を習い、子孫に伝えたといわれている。江戸時代には、焼酎の製造や花露の抽出に利用された。