ファインケミカル事業部は、商品は技術そのもの。多様な分野への挑戦を続けています。

1983年の l -メントールの触媒的不斉合成の工業化の過程で開発された、不斉触媒を切っ掛けに高砂香料工業にてファインケイミカル事業が始まりました。

現在では大規模な不斉触媒ライブラリーに加えて、カップリング反応など多くの触媒を開発し、それらを利用して皆さまの生活を豊にするお手伝いに努めております。製品としては大手製薬会社と協力して癌、感染症等の難病を克服する為のGMP医薬品中間体、電子写真感光体及び電子材料等です。

触媒的不斉合成を利用して製造を行う事は、化学工場からの廃棄物を少なくする事に貢献出来ます。他社の化学工場に於ける廃棄物削減及び効率的な製造のサポートを目指し、高砂触媒を広く皆さまに提供致しております。

更にグリーンケミストリーを突き詰めた結果、FDAも推奨する連続フロー製造に2012年より取り組み、現在は連続フローを活用してGMP医薬品中間体の商業生産を行っております。