沿革 | Takasago's History 1920~1969

1920年(大正9年)

  • 甲斐荘楠香(初代社長)

    甲斐荘楠香(初代社長)

  • 創業当時の東京工場

    創業当時の東京工場

2月
甲斐荘楠香が高砂香料株式会社を設立
7月
蒲田の東京工場を本社とする

1928年(昭和3年)

  • PR誌『高砂香料時報』

    PR誌『高砂香料時報』

  • バニリン

    バニリン

1月
PR誌『高砂香料時報』を創刊
3月
大礼記念国産振興東京博覧会で当社製品が「優良国産賞」を受賞
4月
オゾン酸化法によるサフロールからのバニリン、ヘリオトロピンの製造開始
11月
昭和天皇即位の大礼に際し、昭和香炉と特製香水を献上

1929年(昭和4年)

  • オゾン発生装置

    オゾン発生装置

3月
スイス・アロンドン商会にサフロール3トンを輸出(わが国最初の香料輸出)

1932年(昭和7年)

9月
帝国発明協会より堀内利器、平泉貞吉の「プロトカテキュイックアルデヒドおよびその誘導体の製法」に関し恩賜発明奨励金が下付される
12月
商工省より芳油利用に対し工業研究奨励金が下付される

1936年(昭和11年)

2月
商工省よりベンジルアルコールの製造に対し工業奨励金が下付される

1938年(昭和13年)

3月
合成香料のほかに果実エッセンス、選鉱剤
7月
本社を台北に移し、蒲田を東京支店とする

1939年(昭和14年)

7月
社名を高砂化学株式会社と改称

1940年(昭和15年)

1月
中華樟脳株式会社を合弁で上海に設立。出張所と工場を設置

1945年(昭和20年)

  • 台北工場全景

    台北工場全景

9月
上海出張所と上海高砂化学廠が中国に接収される
11月
台北本社と台北工場が中国国民政府の管理に入る

1948年(昭和23年)

8月
販売部門として高砂香料株式会社を設立
ヒヤシンス製造研究に対し文部省科学奨励金が下付される

1951年(昭和26年)

2月
高砂化学工業株式会社設立
8月
高砂化学工業株式会社と高砂香料株式会社が合併し、高砂香料工業株式会社に商号変更。本社を東京都中央区西八丁堀2-18とする

1952年(昭和27年)

7月
オレイン酸のオゾン化切断による可塑剤製造に関し工業技術院より技術研究奨励金を下付される

1955年(昭和30年)

  • 合成メントール

    合成メントール

-
ムスクT、アンブレトンT、合成メントールの製造を開始

1957年(昭和32年)

1月
粉末フレーバー「高砂ミクロン」を開発、製造開始

1958年(昭和33年)

  • 復刊された『高砂香料時報』

    復刊された『高砂香料時報』

7月
『高砂香料時報』(1943年より休刊)を復刊

1959年(昭和34年)

5月
平泉社長、フランスのグラース市で開催された第2回国際精油会議に日本から初めて代表として講演

1960年(昭和35年)

  • リ駐在所が入居したビル

    パリ駐在所が入居したビル

12月
ニューヨークとパリに駐在所を開設

1961年(昭和36年)

2月
リナロール樟葉油を初めてフランスに輸出

1962年(昭和37年)

7月
本社を東京都中央区西八丁堀1-2に移す

1963年(昭和38年)

  • 高砂アマゾン香料研究所

    高砂アマゾン香料研究所

1月
東京証券取引所第2部(化学)に上場
4月
ブラジル・パラ州トメアスーに高砂アマゾン香料研究所を開設
パリに調合香料研究所を開設

1964年(昭和39年)

  • 平泉貞吉

    平泉貞吉

5月
社長の平泉貞吉が日本香料協会の二代目会長に就任
6月
政府より輸出貢献企業認定証を授与される

1966年(昭和41年)

4月
フランス・パリに現地法人Takasago S.A.R.L. Parisを設立

1968年(昭和43年)

  • 高砂アメリカ

    高砂アメリカ

4月
ニューヨークに現地法人Takasago USA, INC.を設立

1969年(昭和44年)

8月
東京証券取引所第1部(化学)に上場