人間の心と身体に与える香りの効果

香りが人間の心や身体に好ましい影響を与えることは、よく知られています。このような香りの生理心理効果は「アロマコロジー(香りのaromaと心理学のpsychologyを組み合わせた造語)」と呼ばれ、高砂香料は、この分野において世界に先駆けて研究を進めてきました。 非侵襲的な計測方法によるヒトへの香りの効果研究に取り組んでいます。

中枢神経系や自律神経系への香りの作用は、脳波や心拍、皮膚温、血流などの変動によって確認することができます。特に、脳波測定法のひとつであるCNV(Contingent Negative Variation:随伴性陰性変動)では、においの鎮静あるいは覚醒効果を確認することができ、多くの商品開発に利用されています。