素材開発

香りのクリエーションでは、使用する素材の特徴そのものがフレーバー、フレグランスの評価を大きく左右します。
当社では天然物志向のもと、精油の抽出、分画、再構成に関する研究や機能性物質の探索、酵素法を用いた調合素材の開発を行い、得意先のニーズに合った創香へと活かしています。
フレーバーでは調合素材だけでなく、食品素材として風味豊かなコーヒーや茶のエキス開発など、香料だけでなく「食のトータルプランナー」として香料以外にもお得意様のご要望に沿った食品開発を行っています。天然の食品素材から開発した製品DEOATAK®は、悪臭を強力にキャッチする機能を持ち、フレーバーとともに、ガムやタブレット菓子、オーラルケア製品などで利用が進んでいます。
得意の不斉合成技術を使ってアロマイングリディエンツ、医薬中間体、電子感光剤だけでなく天然型保湿剤セラミドなどの機能素材開発まで裾野が広がっています。