香りの最先端技術をグローバル活用しています

フレーバリストやパフューマーに幅広い創造の自由を提供する新規アロマイングリディエンツの開発、香りのデリバリーシステム、感覚の科学による香りの機能研究、ユニークな天然素材の分析および探索、効率的かつ環境に配慮した工程設計は香料会社のコア となる技術です。

1920年の創業以来、最先端の研究で培われた当社固有の技術は、アメリカ、シンガポール、メキシコ、ブラジル、フランス、ドイツ、中国にあるTAKASAGOの研究所に広がり、中核となる日本の研究開発本部は各国へ基礎研究のデータを提供するとともに、グローバルに展開する研究開発の中心となっています。

国や地域をまたがるプロジェクトが共同でおこなわれ、グローバルおよびローカルのお客様の商品開発をサポートしています。