アートとサイエンスが融合したフレグランス

香りを創るクリエーターとして、香水や化粧品、トイレタリー・ハウスホールド製品などに用いる各種フレグランスの研究開発を行っています。

いろいろな香料を調合し、新しい香りを創り出すことを「調香」といいます。食品以外の香りのある製品に使われる香料を調香しているのがパフューマーです。
パフューマーは数千にも及ぶ香料素材から必要なものを選び、処方箋を作成します。創香したフレグランスは試作、官能評価を通じて改良を図り、新しいフレグランスが誕生します。

フレグランスには芸術性だけではなく、残香性や拡散性、安定性など科学を背景にした創香が必要不可欠です。フレグランス研究所では香りの創香のほかに、香料素材が持つ機能や特性を研究し、基礎技術の開発を行い、品質の高いフレグランスを提供しています。