分析技術

天然物分析

香りは眼に見えないもの、形のないものですが、フレーバー、フレグランスを創るには、目的とする香りがどのような成分から構成されているかを知ることが重要です。

分析技術部門では、生きた花の成分、食品中のフレーバー成分、異臭物質の探索、香りの経時変化など、揮発成分として存在する香りを分析するための、GC-MS、MDGC-MS、GCxGC-MS、匂い嗅ぎGC-MS、GC-AED、HPLC、LC-MS、NMRなど様々な最新機器を装備しています。

同時に、AROMASCOPE®、CROWNSPACE®、AROMASHUTTLE®といった、自然にあるがままの香り分子を捕集するための技術開発にも取り組んでいます。

これら分析化学によって得られた天然物や合成品、商品の分析データは、クリエーションに用いるアロマイングリディエンツの合成やスペシャリティの開発に活かされています。

品質保証技術

フレーバーQCセンターでは、ISO/IEC17025の認定を取得しています。製品や原料の品質管理・品質保証に関する理化学試験、微生物試験を実施する部署があり、お客様からの要望、品質保証を確実に実施しています。
世界各国の工場間の品質を一定にするために、日本の研究所が核となり分析技術、品質保証技術の統一、及びさらなる技術の向上がなされるよう取り組んでいます。